読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!

pero_peroのこじんてきなにっきです。毎日書きたいです。

SOHOかごしまを卒業

今週のお題「卒業」

 

f:id:pero_pero:20140331152534j:plain

今までうちの会社はSOHOかごしまという施設に入っていたのだけど、入居期限が5年ということで本日付で卒業と相成りました。パチパチパチ
いやー5年という月日はあっという間で、でも振り返ると5年前ははるかに遠く。
5年ですよ5年。多少は成長した気もしますが、うーんどの位成長したんですかね、ちょっとイメージ出来ないな。

 

個人的にはSOHOで沢山の人と知り合うことが出来たのがすごく良かった(小並感)。
入居した当時は他の入居者の人とは廊下で会えばちょっと会釈するみたいな感じでちょっとよそよそしかったものの、お互いTwitterでフォローしあったらみんな頭がオカシイ人たちだとわかって一安心、それからは廊下でお互いシモネタを叫び合うような仲になり、鹿児島のネット界隈ではSOHOは変態の巣窟というブランディングに成功、みんなでご飯食べに行ったり、ITフェスタとかにも出展したり、みんなで職務質問されたりと色々くだらないこともしたなぁ。
創業時は(といっても創業したのはうちの代表なのだけど)色々問題が起きたり考えるべきことが沢山あるんだけど、身近にそういうのを気軽に相談することが出来る人がたくさんいたのはすごい助かった。
僕は人間関係作るの苦手な上にちょくちょくリセットしちゃう人で、うちの会社に入ってから人間関係ほとんどゼロ状態だったんだけど、SOHOで新しくいろいろな人に巡り合うことが出来て、あんまり好きな言葉じゃないけど「絆」やら「縁」やらを紡いでいただいた5年間だった。
ありがとう、SOHOクラスタの皆さん、あなた方は確かに戦友(とも)だった!(←死んでないしこれからもお付き合いあるし

 

本当はもっともっと去りがたいという感情が出てくるのかと思ったのだけれど、実際引っ越しをして新事務所に移ってみるとさほど寂しさや感慨深さと言うのが無い。
いやあるにはあるのだけど、次のステップへ向けての気持ちの方が強いというか。
引っ越しの日に昨年卒業した方が手伝いに来てくれたのだけど、出てから本当に上手くやっていけるかという不安を口にした僕らに「いやー、出てみるどんどん世界が広がるからもっと早く出ても良かったときっと思うよ」と励ましの言葉をくれたが、多分そうなるんだろう。

 

ともあれ、僕らがここまで何とかやってこれたのはSOHOかごしまという施設のおかげであることは間違いない。
馬鹿なことばかりしていたこの部屋で、最後の最後に馬鹿なことをやりたくなって、窓際にスマホを設置して自撮りをしてみた。


Twitter / peroperopero: 空き時間があったので最後に自撮りしてた http://t.c ...

 

ありがとうSOHOかごしま!
ありがとうSOHOかごしまクラスタ
祝卒業!