読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!

pero_peroのこじんてきなにっきです。毎日書きたいです。

いっそ最初から最後まで感謝しよう

まずは悠久の時の中、これを読んでくれる貴方という人間と僕自身が作られたという奇跡に感謝。
貴方がこのエントリに出会うまでに死なずに生きてくれてありがとう。
お互いが同じ時代に生まれ出会う可能性なんて、奇跡という言葉すら陳腐なほどで、感謝せざるを得ない。
そして今数あるエントリの中からこの記事を読もうと思ってくれたあなたへ感謝。
なぜこんな文章を読もうとしてくれているのだろうか。
正直三行読めば出落ちなことは分かるはずなのに、まだ読んでいてくれるのか、本当にありがとう。

自分で何かを紡ぎだすことも出来ない貧素な発想の僕へ絶妙なスルーパスをくれたあなた方にも感謝。
このエントリー無しでは僕は何も書けなかった、ほんとうにありがとう。

shohei.hatenadiary.jp

hagex.hatenadiary.jp

あなた方のエントリを書くきっかけになった、締めの感謝フレーズを書いているブロガーたちにももちろん感謝だ。
となると感謝フレーズを流行らせるような土壌を育てたアフェブロガー達にも自然と感謝の念が湧いてくる。
今のなんたらブロガーブームを作ってくれた、かのアルファブロガーにも感謝したい。
ブロガーたちを育ててきた高知県のトマトをはじめとする有機野菜たちにも感謝、育てる農家にも感謝、お天道様にも感謝だ。
本当にありがとう。

 

さて、そろそろかなと思っている人も居るかもしれない。
思いつきで始めたからほら、ネタがもう大分付きてしまった。
ここらで中間の感謝を入れたいのだがどうしようか、そんな迷いが見える文章をまだ読んでくれている貴方にやはり感謝したい。
もはや此処から先はグダグダだ。
それでもページを閉じずに付いてきてくれるというのか、本当に有難う。
僕はきっと死ぬ前に来れを読んでくれた君のことを思い出すだろう。

 

冗談のように書いているけれども、こんな感じですべての人にエブリデイエブリタイム感謝出来る人がいる。
すごいなぁと感じながら、僕は正直そんな心境になれないなぁとも感じる。
しかし、どんなに現実が辛く厳しくても、やはり誰かが理想を叫ばねばならない。
どんなに世間が冷たく世知辛くても、やはり誰かが感謝をせねばならない。
この文章を書いているのは僕であるからして、僕だけであるからして、ぼくが読んでくれる貴方に感謝しなくてはいけない。ありがとう。

ある人が言っていたのだけれど、最初から感謝の念を持って「ありがとう」と言える人は多くない。
ところが「ありがとう」という言葉を言わざるをえない場所で「ありがとう」を言い続けることで、自然と感謝の念が湧く人間に慣れるという。
だから僕らは感謝し続けなくてはいけない。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。
ネットをポジティブな言葉ばかりの世界にしていくんだ。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。
ほら、どんどん自然に感謝の念が湧いてくる。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。

もうそろそろいいかな。
ホント最後まで読んでくれてありがとう。
下らない思いつきで最後までグダグダの文章で引き釣り回してしまったのを自覚しているからこそ、ここまで読んでくれた貴方に心の底から感謝しているんだ。
何かオチを用意してるんじゃないのか…と期待していたかもしれないが残念、オチすら無いんだ。
いつもなら「すまない」と謝るところ。
だが、普段感謝の念を伝えるべき時についつい「すまない」と言ってしまう僕だから、ここは普段とは逆に「ありがとう」と言っておこうか。
ここまで付き合ってくれた貴方のことだから、多分また他の文章で会うこともあるだろう。
そんな貴方へイタチの最後っ屁のような、これが本当の最後の感謝の言葉。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

あんたも物好きだな。