読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!

pero_peroのこじんてきなにっきです。毎日書きたいです。

台風の日の夜の話

鹿児島に台風が来てた日の夜、夜中にのどが渇いてコンビニに行きたくなったのよ。
夜中って言ってもまあ1時ちょっと前くらいだな。
普段だったらちょうど飲みの帰りのおっさんとかが表歩いてて結構賑やかだったりするんだけど、台風が来ているから表には誰もいなくて静か。
玄関のドアを開けたらヒュルーヒュルーって風の音だけが聞こえてきて。
雨は降ってなかったな。

 

自分の部屋は5階にあるのね。
エレベーターのところに行ったらエレベーターはちょうど7階に止まってて、下行きのボタン押したらす~って降りてきた。まああたりまえだけど。
で、外風強いなーとか考えながら乗り込んだので、ちょっとボーっとしてたら扉が閉まって「行き先ボタンを押してください」って言われたのね。
そうそう1階1階と思ってボタン押そうと思ったら、エレベーターがスーっと上に上がりだしたのよ。
僕はてっきり7階で誰か乗る人がいてボタン押したんだな、と思ったわけ。というかだれでもそう思うよね。
ところが7階に止まってドアが開いたけど誰もそこにいない。
外から相変わらずヒュルーヒュルーと風の音が聞こえてくるだけ。
まあまあまあ、ほらあれだよ、だれかボタン押したけど何か思い出して家に一旦取りに帰ったのかもしれない。
エレベーターが来ないのでイライラして階段で降りていったのかもしれない。
扉の音も階段の音も全然聞こえなかったんだけど、そう思うしかないよね。
それ以上そのことは考えないようにして1階のボタンを押して下に降りたんだ。

 

すぐ近くのコンビニに行って、飲み物を買ってマンションに帰ってきて、さてエレベーターホールに着いて上行きのボタンを押そうとしてふと見ると…エレベーターは7階で止まっている。
あのね、コンビに行くときも帰るときもまわりに全く人気無かったのよ。
弱いとはいえ台風が上陸しようかという夜だもん、出歩く人とかほとんどいないわけで。
でも仕方ないから、ふふふ出来すぎだよねぇ。と一人で乾いた笑いをしながらボタンを押したよ、押しましたよ。
だってエレベーターは乗るしか無いもんね。
階段は真っ暗なのでもっと気持ち悪いし。

 

エレベーターが7階から降りてきて、当然誰も乗ってなくて。
恐る恐る乗り込んでさ、5階のボタンを押したわけ。
扉が閉まって上にゆっくり動き出して。
まあそんなことあるわけ無いと思うけどさ、こっちのボタン無視して7階とかまで行っちゃったら…。
霊的なものは僕あんまり信じない方なんだけど、そのくらいの想像力くらいは十分働いちゃいますよこの状況だったら。
5階までの時間の長いこと長いこと。
ガラスの窓の映りこみもなるべく見ないようにうつむいてね、信じてないけど変なものとか見たくない。

無事にというか、当然というか5階でドアがパッと開いて。
あははは、あたりまえだよな。たまたま誰かがボタンを押したままにしたりしてただけだよな。
エレベーターを降りて自分の玄関の方に歩きかけて、でもちょっと気になって振り返る。
するとエレベーターは扉が閉まるとスッーっと上に上がっていって…7階でぴたっと止まって…。ちょっと待っても誰かが乗る気配もなく…。*1

*1:ちなみにエレベーターは、浸水すると面倒なことになるので、台風の時など浸水の心配がある時は上の階に停止させる設定があるらしいという情報を知りホッとしているところです。