読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログを毎日書いていたら10Kg痩せました!

pero_peroのこじんてきなにっきです。毎日書きたいです。

ランナーズ・ハイ入荷希望

最近村上春樹的中年を目指し(嘘だけど)朝にジョギングとかやっている。
朝7時位に外へ出てまだ目覚めたての街を軽やかにジョギングすると心身ともにスッキリ。家に戻り、水分を補給して今日のランチを何にするか考えながらシャワーで汗を流す…。

 

というのが理想だった。

 

実際はつらい。
ジョギング超つらい。
なにこれ。どうして。
みんな楽しそうに走ってるのにぼくだけつらい。

足がきつい。
体もきつい。
走り出しがきつい。
立ち止まるときつい。
遠くまで行くのがきつい。
遠くまで行ってしまうと戻るのがきつい。
1週間たっても2週間たっても3週間たってもきついものはきつい。
どうなってるんですかこれ、詐欺なんじゃないんですか。

 

そもそも朝7時というのは目覚めたての街とかじゃなくて、皆バリバリ通勤通学の時間。
そんな中を、なんでつらい思いをしながら走らなければならないのだという思いが強い。
カップルで登校をする高校生を見れば別れてしまえ、フレッシュな新入社員が通勤しているのを見れば会社倒産せよ、朝から悲しそうな顔で歩いている人を見ればその悲しみよ永遠に、と、朝から道行く人に呪詛を振りまきながら走っている。
コレではいけない、僕のジョギングコース上の人々がどんどん不幸になってしまう。

 

ジョギングつらいのだけど、やって初めて気がついた。
ジョギングはやめられないのである。
一度走って体重が少しでも落ちたらおしまいだ。
走るのをやめれば体重が戻るのを知っている。
走らねばならない。
走るのをやめれば体力がガタ落ちになる。
走らねばならない。
いつだったかTwitterでつぶやいたが、知らないうちに僕は自分の体を人質として取られてしまっているのだ。それも自分自身に。

体力がついてきたら走るのが楽しくなる、そんなふうに思っていた時期が僕にもありました。
でも少し体力がついてきても全然楽しくなる気配がありません。
一体いつになったら楽しくなるのでしょうか。
コース上の人たちに微笑みながら走ることが出来る日はいつになったら来るのでしょうか。

 

 

走るのが楽しくなるという「ランナーズ・ハイ」という合法ドラッグがあると聞きました。
入手経路をご存じの方はこっそり教えて下さい。お願いします。